Recruit特許を知る

特許業界とは

特許業界とは、知的財産権に関わる業界です
特許、実用新案、意匠、商標の四法で
毎年50万件程度の出願が行われます

特許・実用新案

技術的なアイデアである発明・考案を保護します。

年間出願件数(※)

318,372

意匠

製品のデザインを保護します。

年間出願件数(※)

31,008

商標

商品やサービスの名前、ブランドを保護します。

年間出願件数(※)

190,452

※H30.4~H31.3 (30年度累計) 特許庁 特許出願等統計速報 (令和元年6月25日作成) 引用

特許業界のプレーヤー

出願人(企業・個人)特許事務所が主なプレーヤーです
特許の場合、9割超の出願が特許事務所を通じて出願されます(※)

出願人と特許事務所はそれぞれ独自に案件データを管理しており
両者のシステム連携による効率化が望まれています

特許業界のプレーヤー 説明図 特許業界のプレーヤー 説明図

※特許行政年次報告書2018年版代理人有無別出願件数表引用

特許業界IT化の課題

特許業界IT化の2つの難しさ

1.高度な専門性が必要

日本の法律、世界各国の法律、多国間の条約協定など
特許の世界は幅広い法律を扱います

全てを正しく理解しないとシステムを作ることができません

高度な専門性が必要 説明図 高度な専門性が必要 説明図

2.外部から見た市場規模が狭い

弁理士は他士業に比べ人数が少なく市場が小さく見えることも
ITベンダなど外部参入が進みにくい一因となっています

高度な専門性が必要 説明図 高度な専門性が必要 説明図

税理士資格者数出典:2019年6月 日本税理士会連合会 税理士登録者数より
弁護士資格者数出典:2018年 日本弁護士連合会 弁護士数の推移より
公認会計士資格者数出典:2019年6月 日本公認会計士協会 会員数等調より
弁理士資格者数出典:2019年5月 日本弁理士会 会員分布状況より

業界外からのIT化が進みにくい

root ipの目指すもの

root ipは、特許業界の中からIT化を促進していきます

特許業界には約4万の出願人と約5000の特許事務所が存在し、
ITによる効率化が切望されています

root ipの目指すもの 説明図

資源エネルギーが乏しいと言われる日本では、
「知的財産権」は未来を支える大切な資源となります。

私たちroot ipで行なっている仕事は、
ITにより特許業界の効率化を進め
自社の努力日本全体の発展につながる、
とてもやりがいのある仕事です。

Contact

こちらのページから、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Bitnami